有田陶磁美術館

有田陶磁美術館は、佐賀県西松浦郡有田町にある陶磁器専門の町立美術館である。明治時代の初めに建てられた石造りの焼き物倉庫(2階建て)を改築し、1954年5月1日に開館した。

開館当初は、陶磁器の収集、保存、展示にとどまらず、窯業に関する資料の収集、整理、研究を通した美術史、産業史の紹介も行っていた。しかし、その後、近隣に類似の施設が相次いで開館したため、その役割を有田陶磁の歴史が概観できる優品の収蔵展示に特化した。

収蔵品は有田陶磁創始期の17世紀初頭の初期伊万里からそれ以降の古伊万里色鍋島柿右衛門などと現代のものまで多様であるが、その中心は幕末から近代にかけての作品である。240点ほどを収蔵・展示している。

名称
有田陶磁美術館(ありたとうじびじゅつかん)
開館時間
9:00−16:30
休館日

月曜日
年末年始

TEL
0955-42-3372
FAX
0955-43-4185
入場料

大人 100円(60円)
大高生 50円(30円)
小中生 30円(20円)
※( )20名以上の団体料金

所在地
〒844-0000
佐賀県西松浦郡有田町1356

アクセス

  • JR佐世保線「上有田駅」下車、徒歩15分
  • JR佐世保線「有田駅」から有田町コミュニティバス東西線・東方線で4分、「札の辻」下車、徒歩3分

有田陶磁美術館 展示品

  • 《柿右衛門様式》
  • 《古伊万里様式》
  • 《鍋島藩窯様式》
  • 《染付有田皿山職人尽し絵図大皿》(佐賀県重要文化財)
  • 《色絵狛犬》(佐賀県重要文化財)