安曇野高橋節郎記念美術館

安曇野高橋節郎記念美術館は、漆芸家である高橋節郎の作品を展示している美術館。高橋節郎生家のある穂高町北穂高(現安曇野市穂高北穂高)の地に2003(平成15)年、開館。

コレクションは高橋節郎の屏風、パネルを始めとして、乾漆立体作品、漆絵版画、漆クラフト作品など多様な漆芸作品や、墨彩画、書などの作品。漆芸作品の下図、デザイン画、高橋節郎幼少年期の絵やノートなども収蔵。

漆芸は、鎗金という手法を用いて漆面に文様を施した屏風、パネルなどの平面作品や、漆塗の立体作品、漆を使った版画など。

髙橋 節郎

髙橋 節郎(たかはし せつろう、1914年 - 2007年)は、長野県南安曇郡北穂高村(現:安曇野市)出身の漆芸家。日本芸術院会員、文化勲章受章者、文化功労者、日展顧問。

屏風、パネルを始めとして、乾漆立体作品、漆絵版画、漆クラフト作品など多様な漆芸作品や、墨彩画、書などさまざまな分野に渡る制作活動を行った。

名称
安曇野高橋節郎記念美術館(あづみのたかはしせつろうきねんびじゅつかん)
開館時間
3月~11月 9:00~17:00
12月~2月 9:00~16:00
休館日

月曜日(月曜日が祝祭日の場合は開館、翌平日休館)
祝祭日の翌日(祝祭日の翌日が土、日曜日の場合は開館)
12月28日~翌1月4日

TEL
0263-81-3030
FAX
0263-82-0551
関連サイト
公式サイト(外部リンク)
入場料

大人 400円
高校・大学生等 300円
中学生以下、70歳以上の方 無料

※企画展観覧料は、別途設定いたします。

所在地
〒399-8302
長野県安曇野市穂高北穂高408-1

アクセス

長野自動車道豊科I.Cより15分

豊科I.Cを降り、北進。「安曇野スイス村」を右手に過ぎ、1つ目の交差点(「重柳」の交差点)を右折し、安曇野アートラインを更に北進。右手に見える「大王わさび農場」、「安曇野ランド」を過ぎ、さらに進む。「安曇橋南」の交差点を直進し、2kmほど進み「安曇野高橋節郎記念美術館」の案内板を左折。

駐車場:普通車50台、大型車3台、無料

電車

  • 新宿からJR中央東線・特急あずさで松本まで約2時間半。松本からJR大糸線穂高駅まで約30分。
    穂高駅からタクシー5分、レンタサイクル20分。次の有明駅からは徒歩15分
  • 名古屋からJR中央西線・特急しなので松本まで約2時間
  • 明科駅からタクシー7分

安曇野高橋節郎記念美術館 展示品

漆芸

高橋節郎《星空円舞》漆屏風
高橋節郎《星空交響詩》漆屏風
高橋節郎《満天星花》漆屏風
高橋節郎《麦丘》漆パネル
高橋節郎《四季抄》漆パネル
高橋節郎《バラとカラジウム》漆パネル
高橋節郎《神々の山》乾漆立体作品
高橋節郎《豊松の島》漆飾盤

高橋節郎《満天星花》
高橋節郎《青風》

墨彩画

高橋節郎《北アルプスの見える町》
高橋節郎《雪景》
高橋節郎《明ける》
高橋節郎《晩秋》

墨彩リトグラフ

高橋節郎《冬林》

展示画家(安曇野高橋節郎記念美術館)